よみ語りinつゆくさ

今日は鷺ノ宮のカフェごはん屋さんの、朗読イベントに参加しました♪

お店は「茶屋つゆくさ」と言って、元OLのまみさんの営む、お魚・お肉を使わない有機野菜中心のごはんとお茶、夜にはちょっとお酒のこじんまりいごこちのいいお店です。

いつもは和食なのですが、イベントごはんは、がんもバーガーとトマトスープ。がんもは三之助豆腐の玉ねぎがんもという存在感あるがんもどきを使って、合わせたパンは、週3回お昼のちょっとの時間しか営業していない”よもぱん”さんの天然酵母を使った手作りパンのコラボ!

おいしかった!!

まみさん、よもぱんさん、ごちそうさまでした\(*^ο^*)/

a0235161_23423895.jpg


a0235161_23432132.jpg


さて、朗読会の演目は、




くどうなおこ「ふきのとう」
宮沢賢治「ざしきぼっこの話」
歌舞伎十八番から「外郎売」
木村裕一「あらしのよるに」

でした。

お二人の朗読者の方が、一つの作品を分け合って話してくださいました。お二人の心地よい声に、ついついぼんやりしてしまったりもしましたが、一生懸命集中して、聞くことに専念すると、豊かな物語世界を感じることができました。
最後の「あらしのよるに」がおもしろかったです。

小学校のときお昼の放送で「ぞうのはなこさん」や「もちもちの木」の朗読を聞いたことを思い出しました。

夏には怪談の朗読会を開催する予定、とのこと、またまた楽しみです。
[PR]

by panda-korokoro | 2012-01-22 00:25 | 本・アート・旅行など