2011年 11月 26日 ( 1 )

草間彌生inワタリウム

現代美術好きのRちゃんと草間彌生展に行ってきました(^o^)

今回の展示は、版画でなくて、彌生のアバンギャルドな活動、芸術に殉じるような生きざまに光を当てているものでした。水中に入って水面に水玉を描いたり、ファルスのモコモコに横たわったり、フリーセックスの主張を目指すパフォーマンスとかの映像を流していました。アップで自作の変な?歌を歌ってる映像は、凄まじかったデス(゜ロ゜)。

そんな尖った人ですが、草間彌生には少女趣味でファンタジックな部分もあるんです。私はそういう彌生にちょっと共感します。 今回の展示に水玉の部屋がありました。ここは、ぜひ、参加者に水玉のパジャマを配ってもらいたかったです。彌生と同じように水玉に同化するワタシを感じて見たかった。

…恐怖と不安、混沌と狂気、醜さに同化するジブン。でも世界にはキラキラした醜くくも美しいものもあって、眩しくて焦がれてしかたない。


a0235161_2315260.jpg
a0235161_23204940.jpg


お土産にRちゃんとおそろいで、蝶々キーホルダーを購入。写真は、キーホルダーとアイシングで水玉を描いたケーキ。
[PR]

by panda-korokoro | 2011-11-26 08:20 | 本・アート・旅行など