<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

十五夜のお茶会

Eちゃんのお誘いでお茶会に行ってきました。a0235161_10152231.jpg

相変わらず、正座のできない私、単衣が着たい一心で参加です。

場所は高田馬場の茶道会館。
行ってみたらかなり広くて、こんな場所があるのですね。
都会の中で静寂にひたれそう。とはいえ当日は大勢の方が参加してらして、
やっぱりわさわさとした雰囲気。







9月の最終日ということで、Eちゃんは緑の色無地。
私はリサイクルで買った派手派手サーモンピンクの紐柄小紋です。
a0235161_1016146.jpga0235161_10161799.jpg





















大型台風が近づいていて蒸しっとする気候。単衣にしてもやっぱり着物は暑いです。
9月だから、単衣に袷用の帯の方がもちろん多かったのですが、
袷の方も単衣に夏帯・絽の半襟の方もいらっしゃって、
お茶会とは言え、そんなに厳密でなくとも良いのかなーと思いました。

お茶席は五つ。濃い茶に、薄茶が2席、立礼式に、お茶じゃないお席(なんていうのか忘れました(^^;))。
それに点心がついて、盛りだくさんな感じ。

十五夜にちなんだ兎のお菓子をたくさんいただきました。
兎の絵がかかっていたり、すすきにおだんご、籐のかごにはいがぐり。

濃い茶は苦手ですが、薄茶とお菓子はおいしかった。
たくさんの方の着物姿を拝見できるので、たまのお茶会もいいものだと思いました♪

Eちゃん、お誘いありがとう!
[PR]

by panda-korokoro | 2012-09-30 09:40 | 本・アート・旅行など

GUTAI展@新国立美術館

綺羅ちゃんと新国立美術館に行ってきました。

お目当ては、これ!⇒a0235161_1684518.jpg

昭和30年、戦後の復興目覚ましい頃、芦屋在住の吉田治良を中心とした若い芸術家たちが集まり、従来にない、独創的な芸術を生み出そうとした、そのアートと彼らの軌跡を紹介した展示でした。

「具体」というのは、彼らが立ち上げた「具体美術協会」。「具体」とは、形のない芸術的な感情や着想やなんやかやを「具体化」する、ということみたいです。

最初は、全身で泥を捏ねる行為や公園の中に水や光を使った大きな建造物を設置したりして表現していましたが、次第に絵画が多くなりました。絵画は、抽象的なもので、中にはカンディンスキーや草間彌生に似たものもありました。


20年ほどで、会は解散してしまったそうですが、その独創性に富んだ作品はヨーロッパで評価され、「GUTAI」の回顧展が何度も開かれているそうです。

初期の作品のひとつをアレンジして、新国立美術館のガラスの壁面に展示されていました。



a0235161_1644611.jpg


a0235161_165133.jpg



どうでしょう?どんなアートな感情が想起されるでしょうか?
まあ、よくわからないけど、かわいいですよね。これ。
[PR]

by panda-korokoro | 2012-09-08 15:29 | 本・アート・旅行など